アイ・オー・データ機器(細野昭雄社長)は3月29日、直販サイト「ioPLAZA」限定のハイビジョンHDDレコーダー「HVR-HDLEシリーズ」で、HDD容量が1TB(テラバイト=1000GB)の「HVR-HD1000LE」と、同製品2台をセットにした「まとめ録り用2台セット」を発売すると発表した。価格は「HVR-HD1000LE」が7万9800円、2台セットが15万7600円。

 「HVR-HDLEシリーズ」は、デジタルチューナー内蔵テレビやデジタルチューナーとi.Linkケーブルで接続し、デジタル放送をハイビジョン画質で録画できる「ディスクモード」対応のHDDレコーダー。チューナーやDVDドライブを省き、HDDへの録画に特化。さらに直販限定とすることでコストダウンを図った。

 「HVR-HD1000LE」は、地上デジタル放送の場合で約103時間録画できる同シリーズ最大の1TBのHDDを内蔵。ソニー、シャープなど各社の薄型テレビをはじめ、東芝製液晶テレビ「REGZA Z2000」、HUMAX製ケーブルTV用セットトップボックス「JC-5000」などの最新機種にも対応する。なお、対応機器は同社サイトに掲載している。

 また「ioPLAZA」では、4月27日まで「ioPLAZAスプリングフェスタ2007」を実施。期間中に同製品を購入すると8%ポイント還元する。ポイントは1ポイント1円相当として次回購入時に利用できる。