京都放送(KBS京都、中澤隆司社長)、エフエム京都(FM京都、吉田進社長)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)の3社は、KBS京都とFM京都が11月3日に共同開催するイベント「KYOTO RADIO DAY?水のように空気のようにラジオを感じる1日?」の一環として、リスナー参加型携帯電話投稿ウェブサービス「とっておきの京都」を10月26日?11月3日に実施すると発表した。地域ラジオと地域情報ウェブサービスの高度融合を目指す。

 リスナーが積極的に参加する地域ラジオから、地域情報の提供をリスナーに呼びかけ、リスナーの携帯電話を通して提供される情報をエリア外に発信するというモデルを想定し、3社で事業化に向けた検証を行うもの。

 サービス期間中は、KBS京都とFM京都が放送内でリスナーの参加を呼びかけるほか、「KYOTO RADIO DAY」のウェブサイト内でも、10月26日から「とっておきの京都」情報の募集を行う。KCCSは、試験サービスのシステム構築と管理、サーバー運営を担当する。

 集まった情報は逐次「KYOTO RADIO DAY」サイト内に掲示し、エリア外の観光客などに向けて京都の情報を発信。11月3日の特番放送内でも紹介するほか、両局のパーソナリティやDJなどによる表彰も行う。