セブン銀行は10月11日、4万2858件のATM取引情報を記録したMO(光磁気ディスク)1枚を紛失したと発表した。同行によれば現時点で、利用者のATM取引情報が不正に利用された連絡や問い合わせはなく、外部に情報が流出した可能性は低いという。

 セブン銀行は10月11日、4万2858件のATM取引情報を記録したMO(光磁気ディスク)1枚を紛失したと発表した。同行によれば現時点で、利用者のATM取引情報が不正に利用された連絡や問い合わせはなく、外部に情報が流出した可能性は低いという。

 紛失したMOに記録されていたのは、05年12月28日-06年8月21日の期間で茨城県のセブン-イレブン下妻本城店に設置されていたATMで行われた取引の情報。

 情報内容は、取引種類が「借入を含む出金」で、金融機関名、支店コード、利用名、口座番号、取引日時、取引金額、取引後残高の記録が2万4289件、「返済を含む入金」で金融機関名、支店コード、利用者名、口座番号、取引日時、取引金額、取引後残高の記録が5988件。「振込み」で、金融機関名、支店コード、利用名、口座番号、取引日時、振込金額、電話番号、振込先情報の記録が159件、「残高照会」で、金融機関名、支店コード、利用者名、口座番号、取引日時の記録が1万454件、「取引種類選択前で終了」で金融機関名、支店コード、利用者名、口座番号、取引日時の記録で1968件。

 セブン銀行では紛失の経緯と理由について、「MOディスクに保存された内容を照会するため、保管委託先会社から担当部署に取り寄せた後に所在不明となり、内部調査の結果、誤って廃棄した可能性が高い」と説明。紛失したMOには記録時に独自のスクランブル処理が施されており、解読には専用のソフトウェアが必要なため、悪用の可能性は低いと見ている。

 同行では紛失したMOについて利用者からの問い合わせをテレホンセンターで受け付ける。電話番号はフリーダイヤルの0120-77-1179または03-5617-2231。受付時間は8時-21時で、年中無休で対応する。