大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、リアルな立体画像がアニメーションのように動いて見える新型ホログラム「モーションイマージュ」を9月1日に発売する。製品形状はラベルタイプ、転写箔タイプ、脆質タイプの3種類。価格は、数量200万枚、裏面粘着加工を行った15×15mmのラベルタイプで1枚約6円。

 新型ホログラムは、これまでのエンボスホログラムに比べて立体感に優れるリップマンホログラムの一種で、瞬時に真贋判定ができ、偽造がきわめて困難なのが特徴。上下または左右に視点を移動させた時に異なる画像に切り替えて表示することで、リアルな3次元画像がアニメーションのように動いて見える。

 「モーションイマージュ」の製造は、通常のリップマンホログラムよりも、さらに高度な技術とノウハウが必要なため偽造は難しいという。また、新たに製造装置を開発し手作業で行っていた工程を自動化することでコストを引き下げ、これまで困難だった多品種の量産にも対応した。

 同社では、金券、クレジットカード、身分証明書などの偽造防止用途や、製品の模倣品防止などのブランド保護用途で、今後3年間で10億円の売り上げを見込んでいる。また今後は、模型だけでなく、映像やコンピュータグラフィックなどの動画を記録した「動くホログラム」の開発も進め、早期の製品化を目指す方針。