バッファローはブルーレイディスク(BD)ドライブ3機種を6月上旬に発売する。ラインアップと価格は内蔵型の「BR-H2FB(ホワイトモデル)」と「BR-H2FB-BK(ブラックモデル)」が11万250円、USB2.0/1.1接続の外付け型「BR-H2U2」が12万1800円。

 読み出し専用の「BD-ROM」、追記型の「BD-R」、書き換え型の「BD-RE」の各フォーマットに対応。25GBの片面1層、50GBの片面2層いずれのBDメディアも利用できるうえ、「BD-R」「BD-RE」とも2倍速で書き込める。なお、BD-ROMの再生については、ソフトのアップグレードで対応する予定。

 ドライブにはパナソニック四国エレクトロニクス製の「SW-5582」を採用。BDのほか、DVD±R(1層・2層)/RW、DVD-RAM、CD±R/RWの読み込み・書き込みができる。また、ハイビジョン対応動画編集ソフト「PowerDirector5SE」とBD作成ソフト「PowerProducer3」などのソフトや1層25GBのBD-REメディア1枚も同梱する。