ソニーは1月23日、記録媒体にHDDを採用した初の「ハンディカム」「DCR?SR100」を3月3日に発売すると発表した。価格はオープン。同社の直販サイトソニースタイル価格は13万4800円。

 331万画素CCDと30GBのHDDを搭載したデジタルビデオカメラ。付属のソフトウェアをPCにインストールしてパソコンとUSBで接続し、ビデオカメラ本体の「ワンタッチDVD」ボタンを押すと撮影した映像をパソコンのDVDにダビングできる機能がある。また「HDD スマートプロテクション」を採用しハードディスクの撮影データを強い衝撃から守る。さらに撮り貯めた映像を一覧表示する「ビジュアルインデックス」と液晶タッチパネルで、撮影した映像をすばやく確認・再生ができる。

 付属ソフトウェア「ImageMixer for HDD Camcorder」の対応OSは、Windowsの XP Professional/XP Home Edition/2000 Service Pack 3/Windows 2000 Service Pack 4。