トレンドマイクロ(エバ・チェン代表取締役社長兼CEO)は、小・中学校300クラスに「セキュリティ学習支援キット」を無償で提供する。インターネット学習モデル「ブルーゾーン・クエスト イン 沖縄」と連動して行うもの。対象は、「ブルーゾーン・クエスト」に参加しているクラスもしくは研究グループ、小学校中・高学年(小学3年-6年生)および中学生で、募集期間は10月24日から11月4日まで。

 子供たちに、より安全なインターネットの使い方を学んでもらうことが目的。キットは、セキュリティ教育教材「先生向けインターネットセキュリティ教育資料」(CD-ROM1枚)と、同社の総合ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター2005 インターネットセキュリティ」30日期間限定版を同梱した「セキュリティ小冊子」で構成され、「セキュリティ小冊子」は児童・生徒数に応じて提供する。

 応募方法は、郵便番号、住所、電話番号、学校名、学年、クラス、担任または責任者の氏名、クラスの生徒数を明記の上、官製ハガキの場合は、151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー 27F トレンドマイクロ株式会社 マーケティンググループ 広報「セキュリティ学習支援キット」事務局 宛まで、電子メールの場合は、専用アドレス・bluezone@trendmicro.co.jp まで申し込む。

 「ブルーゾーン・クエスト イン 沖縄」は、インターネット上のホームページを通して、長寿の人々が多い地域(ブルーゾーン)の特色、生活習慣、文化などを多角度から学習し、長寿の秘密を探求していくというもの。沖縄はその最初の探検地で、実施期間は、探検隊取材が10月29日から11月11日まで、WEBでの活動が11月1日から11月14日まで。学校および家庭からの参加を合わせて、日本全国で100万人、全世界で700万人の参加を見込んでいる。