ソニーマーケティングは、軽量・スリムなデザインと長時間録音が特徴のステレオICレコーダー「SXシリーズ」の新製品として、MP3形式の音楽ファイルの再生に対応した「ICD-SX66」(内蔵メモリ512MB)と「ICD-SX56」(同256MB)の2機種を10月21日に発売する。価格はいずれもオープンで、実勢価格は「ICD-SX66」が2万5000円前後、「ICD-SX56」が2万円前後。

 人の声を高音質で録音する同社独自の高音質圧縮技術「LPEC(エルペック)」形式での録音・再生機能に加え、音楽などのMP3形式ファイルの再生にも対応した。付属する「Digital Voice Editor Ver.2.4」を使って、MP3形式ファイルをパソコンから本体にそのまま転送可能になり、ICレコーダーとしてはもちろん、音楽プレーヤーとしても活用できる。

 上位モデル「ICD-SX66」は、ICレコーダーとしては高容量の512MBフラッシュメモリを内蔵し、最長で約192時間、ステレオ録音でも約45時間の長時間録音が可能。「ICD-SX56」でも、最長で約95時間、ステレオ録音で約22時間録音できる。また、両機種ともNHKの「実践ビジネス英会話」で採用された英会話学習ソフト(CD-ROM)を本体内に収録した。