グーグルは7月14日、「Googleローカル」と「Googleマップ」の日本での提供を開始した。衛星写真や航空写真を利用した地図ソフト「Google Earth」の画像と連動するサービスで、「Google Earth」の衛星写真画像や地図の上に、検索した地域情報を重ねて表示するといったことが可能となっている。

 「Googleローカル」は、日本全国のビジネスデータと80億以上のWebページを収録したインデックスの情報の中から、検索キーワードに該当する企業やサービスなどの情報を、ユーザーが指定した地域に絞って表示する地域検索サービス。

 「Googleマップ」は、一般の地図サービスのような平面地図または「Google Earth」の衛星写真画像を使った地図を表示するサービス。拡大や縮小の操作が簡単で、マウスでドラッグするだけで見ている場所を変えることができる。

 また、両サービスは連動しており、「Googleローカル」で検索した店舗や会社などの位置を、「Googleマップ」の地図上で簡単に見ることができる。

 「Googleローカル」の「キーワード」と「場所」の2つの検索ボックスそれぞれに、「検索する対象を示すキーワード」と住所や駅名などの「検索する地域を示すキーワード」を入力して検索すると、該当する企業やサービスなどのリストと、その位置をマークした「Googleマップ」の画面が検索結果として表示される。リストの名前や追加情報リンクをクリックすることで、さらに詳しい情報を見ることもできる。