東芝は、記録層が3層で、記録容量45GBの再生専用(ROM)次世代光ディスクを開発したと発表した。これによって、1枚の片面にディスクにハイビジョン映像を約12時間収録できる。同社では、今回の新しいディスクをすでにDVDフォーラムで承認されている1層15GB、2層30GBのHD DVD-ROMのハイエンドディスクとして、DVDフォーラムに提案する予定。

 あわせて、両面ともに2層構造で、片面が記録容量30GBのHD DVD、もう片面が記録容量8.5GBのDVDの再生専用(ROM)ディスクを開発した。04年にDVDプレーヤーとDVDレコーダーは8400万台以上が生産されているが、将来HD DVDのプレーヤーを購入したユーザーは、現在のDVD画質のコンテンツとHD DVDのハイビジョン映像の両方を楽しむことができる。そのため、このディスクによってDVDからHD DVDへのスムーズな移行が可能になる。

 なお、今回開発した3層のROMディスク(45GB)と両面2層のHD DVD/DVD-ROMディスク(38.5GB)は、現行DVDやすでに発表しているHD DVDと同じく、低コストで量産が可能な0.6mmディスクの2枚貼り合わせ構造を採用している。