NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、個人情報など重要な情報の入ったモバイルPCを、漏えいの危険なく安全にもち出せる「セキュアドライブ」を研究・開発したと発表した。

 「セキュアドライブ」は、モバイルPCにドライバをインストールし、携帯HDDなどの外部記憶装置へデータを分散させることで、重要な情報が入ったモバイルPCの紛失や盗難による漏えいの心配をなくし、安全に外部へもち出すことが可能になるもの。

 同社が開発した「秘密分散システム」をWindowsのドライバレベルで実装したことで、リアルタイムに分散・復元処理できるようになった。分散・復元処理にともなう動作遅延は10%程度で、通常の利用と体感的にはほとんど変らない。また、データはすべてモバイルPC、携帯HDDに分散され、単独の分散データからは元のデータが復元できないため、モバイルPC、携帯HDDのどちらか一方を紛失したとしても情報漏えいにつながらない。

 主な特徴としては、(1)従来の閾値法での秘密分散とは異なる、真性乱数を使った新しいアルゴリズムを開発することで、大容量ファイルを高速に処理、(2)どんなに時間を掛けても元の情報が復元できない仕組みを実現、(3)鍵の管理が不要、(4)分散データの断片を紛失した場合のデータの無効化処理と復旧処理が可能、(5)1つの分散データを紛失した場合、残りの2つの分散情報から新たな3つの分散情報を生成する際に、元の情報がメモリ上にも展開されない――など。

 今後の予定としては、広くパートナーを募集し、各種関連ソフトウェアの開発、セキュアドライブ対応のPC・外部記憶装置の開発および販売・展開を進めていく。事業化に向けて、プライブ・シェルター、ミニストップ、東邦製薬、東邦システムサービス、NTTコムウェアなど6社の協力のもと、5月中旬から「セキュアドライブ」のフィールド実験を開始する予定。