• ホーム
  • トレンド
  • Wi-Fiルーターの本当に売れているおすすめ製品を紹介! ルーターをレンタルしている人は損!?

Wi-Fiルーターの本当に売れているおすすめ製品を紹介! ルーターをレンタルしている人は損!?

暮らし

2024/06/14 10:00

 キャリアから貸与されることも多いWi-Fiルーター。いざ自分で購入しようと思っても、種類や機能の多さから難しく感じる人も多いでしょう。


 本記事では、そんな悩みを解消するために、Wi-Fiルーターの基礎知識から選び方のポイントまでを詳しく解説します。これを読めば、自分にぴったりのWi-Fiルーターが見つかるはずです。
 

Wi-Fiルーターとは


 まずは、そもそもWi-Fiルーターとは何か? 簡単に解説していきます。Wi-Fiルーターとは、簡単に言うとインターネット回線を無線で家庭内のデバイスに接続するための機器です。これにより、スマートフォン、タブレット、パソコン、ゲーム機などのインターネットを必要とする機器をネットに接続できます。Wi-Fiルーターのメリットは、配線の煩わしさがないこと、複数のデバイスを同時に接続できること、そして家中どこでもインターネットが使えることです。

Wi-Fiルーターには、インターネット回線からの信号を受け取り、それを無線電波として送信する役割があります。また、デバイス間の通信を管理し、セキュリティを確保する役割も担っています。そのため、Wi-Fiルーターの性能は、家庭内のインターネット環境を大きく左右します。
 

ルーターは自分で買うべき?


 インターネットを使っている人の中には、契約したキャリアから貸与されているルーターをそのまま使用しているという人も多いのではないでしょうか。しかし、できることなら自分でルーターを購入することをおすすめします。

 一番のメリットはやはり長期的なコスパです。一般的にレンタルにかかる料金は毎月1000円以内ですが、それが長期にわたると1年近くでルーターの相場を越えてきます。ネット社会である今、家でネットを使う人はルーターを購入するべきでしょう。

 また、性能面でも大きなメリットがあります。レンタルのルーターはさまざまな製品から選択できますが、基本的にはエントリークラスのものが多いです。一方で1万円ほどかければミッドレンジクラスのルーターを購入できます。ミッドレンジクラスになれば、最新のWi-Fi 6対応モデルやセキュリティ機能搭載製品などが視野に入ってくるため、ぜひ検討してみてください。
 

Wi-Fiルーターの選び方

 ここからは、Wi-Fiルーターの選び方についてポイントごとに解説していきます。購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。
 

家の大きさと使う人数


 Wi-Fiルーターを選ぶ際、まず考えなくてはいけないのは家の大きさと使う人数です。例えば、1LDKのマンションと3階建ての一戸建てでは必要なルーターの性能が異なります。小さい家なら標準的なルーターでも問題ありませんが、大きな家や階数が多い場合は、強力な電波を持つルーターが必要になります。

 使う人数も重要な要素です。少人数の家庭なら標準的なルーターで十分ですが、多人数が同時にインターネットを使う場合、複数のデバイスを快適に接続できる高性能なルーターが必要です。メーカーが出している製品には推奨利用台数や推奨利用人数といった目安が設定されていることが多いので、それらを参考にしましょう。将来的にネットを使用する機器は増加すると考えられるので、少し余裕のあるモデルを選ぶことがおすすめです。
 

規格


 Wi-Fiルーターの規格には、Wi-Fi 4(802.11n)、Wi-Fi 5(802.11ac)、Wi-Fi 6(802.11ax)、そして最新のWi-Fi 6Eがあります。これらの規格は、それぞれ最大通信速度や使用する周波数が異なります。

 Wi-Fi 4は最大通信速度が600Mbpsですが、最新のWi-Fi 6では最大9.6Gbpsと大幅に向上しています。複数のデバイスが同時に高速通信を行う環境ではWi-Fi 6が最適です。

 また、Wi-Fi 6の機能を拡張した規格としてWi-Fi 6Eがあります。この規格の大きな魅力はほかの規格では使うことができない周波数帯「6GHz帯」を利用することで、さらに多くのデバイスが干渉なく接続できること。これからルーターを購入するなら、将来性を考慮してWi-Fi 6を選ぶのがおすすめですが、特に、高速で安定した通信を求める方にはWi-Fi 6Eも検討してみましょう。
 

アンテナの数


 Wi-Fiルーターには、内蔵アンテナや外付けアンテナがあり、その数もさまざまです。アンテナの数が多いほど、電波を複数の方向に送信でき、広範囲をカバーできます。一般的に、3本以上のアンテナを持つルーターは、広い家や多階建ての家での使用に適しています。

 アンテナの数が増えると、電波の強度や安定性も向上します。そのため、大人数が同時にインターネットを利用する環境や、壁や障害物が多い家では、アンテナの多いルーターを選ぶのがおすすめです。
 

価格


 Wi-Fiルーターの価格は、性能や機能に応じて大きく異なります。エントリークラスのルーターは、5000円から1万円程度で購入できます。これらのルーターは、基本的な機能を備えていて、少人数や小規模な家での使用に適しています。

 ミッドレンジクラスのルーターは、1万円から2万円程度の価格帯です。これらは、より高速な通信速度や広範囲のカバーエリアを提供し、多人数や中規模な家での使用に適しています。また、詳しくは後述しますが、メッシュWi-Fiやビームフォーミングといった機能が搭載されていることが多いです。

 そして、ハイエンドクラスのルーターは、2万円以上の価格帯で、高性能な通信速度、広範囲のカバーエリア、そして最新のセキュリティ機能を備えています。これらのルーターは、大規模な家や多数のデバイスを同時に接続する環境で最適です。特に、Wi-Fi 6E対応のルーターは、この価格帯に多く含まれます。
 

そのほかの機能


 これまでルーターについて解説してきましたが、ルーターにはさまざまな副次的な機能が搭載されていることもあります。場合によってはこれらを選択の基準にしてもいいかもしれません。ここではその一部を解説します。

■メッシュWi-Fi
 メッシュWi-Fiは、複数のルーターを連携させて家全体に強力なWi-Fi信号を提供するシステムです。部屋数が多い家や階数が高い家では、1台のルーターだけではカバーしきれないことがあります。メッシュWi-Fiを導入することで、隅々まで快適なインターネット接続を実現できます。

■セキュリティ機能
Wi-Fiルーターのセキュリティ機能も重要です。最新のセキュリティ規格であるWPA3は、より強固な暗号化技術を採用しており、外部からの不正アクセスを防ぎます。特に、家庭内で重要なデータを扱う場合や、セキュリティ意識の高い方には、WPA3対応のルーターをおすすめします。

■ビームフォーミング機能
ビームフォーミングは、接続しているデバイスに向けて電波を集中させる技術です。この機能により、特定のデバイスへの通信速度や安定性が向上します。大きな家やデバイスが移動することが多い環境では、この機能が役立ちます。例えば、リビングでスマートテレビを使ってストリーミング視聴する場合、ビームフォーミング機能があると映像の途切れが少なくなります。
 

本当に売れているおすすめのWi-Fiルーター

 ここからは、全国の家電量販店やECサイトで実際に売れた数を収集した「BCNランキング」を参考に、本当に売れているおすすめのWi-Fiルーターを紹介します。

参考:無線LAN 月間売れ筋ランキング
 

3位 バッファロー Wi-Fi 6(11ax)対応Wi-Fiルーター 2401+573Mbps AirStation(ネット脅威ブロッカー2対応) ブラック WSR-3000AX4P-BK


 バッファローのWSR-3000AX4P-BKは、Wi-Fi 6(802.11ax)に対応した高速ルーターです。最大通信速度は2.4GHz帯で574Mbps、5GHz帯で2402Mbps。MU-MIMOとOFDMA技術により、多数のデバイスが同時に快適に接続できる点が魅力のミッドレンジ製品です。

 ビームフォーミング機能を搭載しているほか、バッファロー独自の機能としてメッシュWi-Fi構築時は干渉波を回避する機能が搭載されています。一般的な家庭でゲームや動画ストリーミングを楽しみたい場合におすすめです。

出典:バッファロー WSR-3000AX4P-BK
 

5位 TP-Link Archer AX3000 Archer AX3000


 TP-LinkのArcher AX3000は、Wi-Fi 6対応の高性能ルーターです。2.4GHz帯で574Mbps、5GHz帯で2402Mbpsの最大通信速度を提供し、たくさんのデバイスを快適に使えます。また、TP-Link独自のアプリ「Tetherアプリ」によって設定や管理も簡単にできます。

 そのほか、メッシュWi-Fiやセキュリティ規格のWAP3に対応しており、手軽かつ、安全にインターネットを使用できるようになります。こちらも、一般的な家庭向けといえる一方、多数のデバイスを同時に接続するようなケースにも向いています。

出典:TP-Link Archer AX3000 Wi-Fi 6ルーター
 

6位 バッファロー Wi-Fi 6(11ax)対応Wi-Fiルーター 1201+573Mbps AirStation(ネット脅威ブロッカー2対応) ブラック WSR-1800AX4P-BK


 バッファロー WSR-1800AX4P-BKは、コストパフォーマンスに優れたWi-Fi 6対応ルーターです。最大通信速度は2.4GHz帯で573Mbps、5GHz帯で1201Mbpsと、中程度の性能を持ちながらも、エントリーモデルとしてリーズナブルな価格で提供されています。

 ビームフォーミングやメッシュWi-Fiといった機能が搭載されているほか、端末の待ち受け時間を制御してバッテリーを節約する機能も付いています。基本的には、一人暮らしなどの小規模な家庭での使用に最適な製品です。

出典:バッファロー WSR-1800AX4P-BK
 

7位 TP-Link Archer AX80 Archer AX80


 TP-Link Archer AX80は、Wi-Fi 6対応のハイエンドルーターで、2.4GHz帯で1201Mbps、5GHz帯で4804Mbpsの高速通信を提供します。強力なクアッドコアプロセッサを搭載し、同時に多くのデバイスを接続しても安定した通信が可能です。

 独自機能として、TP-LinkのOneMesh技術が搭載されており、スムーズな切り替えが可能なメッシュWi-Fi環境を簡単に構築できます。また、HomeShieldセキュリティが強化されており、ネットワークの脅威をリアルタイムで防御します。また、Alexaに対応しているのも嬉しいポイント。3世代の大きな家庭に向いており、オンラインゲームや4Kストリーミングを楽しむユーザーにもおすすめです。

出典:TP-Link Archer AX80 AX6000 8ストリームWi-Fi 6ルーター
 

8位 NEC Aterm WX5400HP PA-WX5400HP


NECのAterm WX5400HPは、Wi-Fi 6対応の高性能ルーターで、2.4GHz帯で1147Mbps、5GHz帯で4804Mbpsの最大通信速度を提供します。MU-MIMOとOFDMA技術により、多数のデバイスで同時に高速通信ができます。

 このルーターは、通信の優先順位を端末ごとに設定できる「QoS(Quality of Service)」を実装しており、多数のデバイスを接続している際も優先させたい通信を安定させられます。また仕事用とプライベート用でネットワークを分けられるため、セキュリティ面も安心です。こちらも、親子孫3世代の大きな家庭におすすめであるほか、セキュリティ機能が充実しているため安心安全を重視するユーザーに向いています。

出典:NEC Aterm WX5400HP
 

10位 バッファロー Wi-Fi 6(11ax)対応Wi-Fiルーター 4803+1147Mbps AirStation(ネット脅威ブロッカー2対応) マットブラック WSR-6000AX8P-MB


 バッファローのWSR-6000AX8P-MBは、Wi-Fi 6E対応の最先端ルーター。2.4GHz帯で1148Mbps、5GHz帯で4804Mbps、6GHz帯で4804Mbpsの高速通信を提供します。最新の6GHz帯域を利用することで、干渉の少ない高速通信が可能になります。

 ハイエンドクラスであるだけに、このルーターには、メッシュWi-Fi機能やビームフォーミング機能が搭載。また、バッファロー独自の「トライバンド」技術により、2.4GHz、5GHz、6GHzの3つの帯域を同時に利用でき、効率的な通信が可能です。同ルーターは最先端の技術を求めるユーザーや、大きな家庭で多数のデバイスを接続する場合に最適です。特に、最新のWi-Fi 6E対応デバイスを持つユーザーにはおすすめの一台です。

出典:バッファロー WSR-6000AX8P-MB