• ホーム
  • トレンド
  • 【2023年最新版】おすすめスマホ6選 iPhoneやGoogle Pixelなど本当に売れているデータから紹介

【2023年最新版】おすすめスマホ6選 iPhoneやGoogle Pixelなど本当に売れているデータから紹介

暮らし

2023/07/24 17:30

 ほぼ毎日利用するスマートフォン(スマホ)はもはやライフラインの一つといっても過言ではありません。新しいスマホを購入する際はできるだけ納得できる買い物がしたいと考える人も多いはず。本稿では、家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」を基に、今、本当に売れている人気スマホを紹介するとともに、スマホの選び方について解説します。

スマホ選びで後悔しないポイント

 スマホを選ぶ際にチェックしておきたい点はいくつかあります。おすすめのスマホを紹介する前に、ここではチェックしておくことでスマホが選びやすくなるポイントを解説します。
 

OS


 現在流通しているスマホのOSは主にAndroid OSとiOSに分かれます。これらが搭載されたスマホを、前者がAndroid、後者がiPhoneと呼ばれています。Android OSとiOSはそれぞれメリット・デメリットがあり、スマホの使い方に合ったOSを選ぶことが大切です。

 Android OSはGoogleが提供しているオープンソースのスマホ向けOSで、ライセンスフリーであることから世界各国のメーカーがさまざまなAndroid OS搭載スマホを製造しています。

 値段はピンキリで、非常に安価なものから20万円近くの超ハイエンドモデルまで多種多様です。Googleが提供しているアプリとの相性が良く、YouTubeやChrome、Gmailなどをよく使う人にはおすすめです。ただし、世界的に利用者が多いため、ウイルスの標的にされやすかったり、メーカーごとに細かい操作性が異なる点はデメリットです。

 一方のiOSは、Appleが提供するiPhoneに搭載されているOSです。Appleが独占的に開発しているためiPhoneにしか搭載されていません。

 直観的に操作できるUI(ユーザーインターフェイス)や強固なセキュリティが特徴で、初めてスマホを使う人におすすめです。

 また、Mac PCやApple Watchなどとの連携機能が便利で、これらの製品を使っている人も購入を検討するといいでしょう。ただ、Apple製品は他のメーカーと比べて端末価格が高価で、最新機種は10万円を超えるモデルばかり。また、Android OSと比べてカスタマイズ性が低いのもデメリットといえます。
 
Android OSとiOSの簡易比較表

価格


 スマホにどれだけの予算をかけられるかは大きな問題です。市場には多種多様な製品があふれていますが、大体5万円前後がエントリーモデル、10万円以上がハイエンドモデルと位置付けられます。15万円を超えてくると、各社製品の中でも最上位機種がそろっており、これらは各社の最新技術が搭載された機種となります。

 製品により異なりますが、エントリーモデルは何かしらの機能や処理能力が不足しがちで、自分の目的をしっかりと理解してから購入した方がいいでしょう。

 一方のハイエンドモデルは基本的な処理能力や機能は平均以上のものが多く、大手メーカーの製品は一般的な使い方であれば問題なく過ごすことができるでしょう。ただ、10万円以上という金額は簡単に出せるものではないので財布との相談が必要になります。
 

処理性能


 スマホの処理性能が悪いと動作がカクついたり、操作中にアプリが落ちてしまったりといった悪影響があります。普段から複数のアプリを立ち上げて積極的にスマホを使用する人は処理性能にこだわるべきです。

 スマホの処理性能は主にCPU、RAM、ROMの三つ部品の性能によって成り立ちます。それぞれ、CPUが処理スピード、RAMがマルチタスク性能、ROMが保存容量を司ると考えるとわかりやすいです。
 

バッテリの駆動時間


 スマホはPCなどと異なり、24時間起動していることが多い製品です。モバイルバッテリを持ち歩いたり、頻繁に充電スポットを探したりするのは面倒なので、できるだけバッテリの連続駆動時間が長いものを選びたいものです。

 一般的なスマホのバッテリ容量は2000~3000mAh程度。例えば、iPhone 14のバッテリ容量は約3200mAhです。バッテリの持ち具合はどんな作業をするかやどんなデバイスを使っているかによっても異なりますが、基本的に3000mAh以上の容量を備えているスマホであれば平均以上の性能だと言えるでしょう。

 また、対応するコネクタの種類やワイヤレス充電に対応しているかどうかも確認しておくと困りません。
 

カメラ性能


 近年のスマホはカメラの性能が著しく向上しており、普段の撮影の際はカメラではなくスマホを使う人もたくさんいると思います。日々の写真撮影を少しでも良いものにしたい場合は、カメラ性能にこだわってみましょう。

 カメラ性能を決める要素はいくつかありますが、一番わかりやすいのは画素数です。この数字が大きければ大きいほど高精細な写真を撮影でき、拡大してもぼやけにくい写真になります。目安としては1万画素以上のカメラがあれば、印刷にも耐えられる写真になります。
 

その他機能

 上記の他にも、スマホには防水やおサイフケータイ、生体認証などさまざまな機能が搭載されてていることが多いです。自分の目的や用途に合わせて検討しましょう。
 

本当に売れているおすすめスマホ6選

 ここからは家電量販店各社やAmazonなどのショッピングサイトで実際に売れた数量を集計した「BCNランキング」のデータを基におすすめのスマホを紹介していきます。

スマートフォン 月間売れ筋ランキング
https://www.bcnretail.com/research/ranking/monthly/list/contents_type=110
 

アップル iPhone 13

出典:アップル

 6月の1~3位までを独占しているのがアップルのiPhone 13。21年の9月に発売したスマートフォンです。iPhone 14が発売され、型落ちとなったことでコスパが良く、3キャリアで購入実績が高い機種といえます。主な特徴としては、iPhone 12にはなかったシネマティックモードが追加されたほか、バッテリの駆動時間が伸びています。細かな操作に関しては従来通りで、CPUは12と比較して10%程度性能が向上しているとか。
 

アップル iPhone SE 64GB(3rd)

出典:アップル

 アップルのiPhone SEシリーズはiPhoneの廉価版のような立ち位置です。現在第3世代までが販売されていますが、この第3世代のSEは6月の販売実績で4位のポジションです。iPhone 13と同じ部品が多く使われており、背面カメラやディスプレイの大きさ以外に性能差はほとんどないと言われています。また、ホームボタンが残っているのは大きな特徴でしょう。
 

Google Pixel 7a

出典:Google

 先日発売されたばかりのGoogleによるスマートフォン、Pixel 7aは5位と7位にランクインしています。Pixelの廉価版であるaシリーズですが、Pixel 7aの場合はPixel 7との性能差があまりないことが特徴。Pixel 7よりも2万円近く安い6万円台という値段で通常版とほとんど同じ性能を使えるため、非常にコストパフォーマンスがいい機種です。
 

Google Pixel 6a

出典:Google

 22年7月に発売され、現在は型落ちとなったPixel aシリーズのPixel 6a。ランキングでは6位にランキングしており、いまだに人気が根強い機種です。1220万画素のカメラや防水機能、GooglePayなどの基本的な機能を搭載しつつ、5万円台で購入できるのは大きな魅力といえます。
 

OPPO Reno7 A

出典:OPPO

 22年6月に発売された、4万円台のミッドレンジスマホです。実売ランキングでは8位を獲得しました。同製品は薄型軽量のボディで、SNSやネットサーフィンを楽しむには十分の性能を備えています。バッテリ容量も4500mAhと大きめで、一般的な使用には問題ありません。ただし、処理能力などについては値段相応。ゲームなどを普段から楽しみたい人には向かないかもしれません。
 

SAMSUNG Galaxy A53 5G SC-53C

出典:SAMSUNG

 SAMSUNGが提供するスマホブランド「Galaxy」において、スタンダードモデルにあたるのが「Aシリーズ」です。中でも、SC-53Cは22年5月に発売された型落ち製品。実売ランキングでは9位に位置します。同社のハイエンドモデルである「Sシリーズ」と比較して半額前後の5万円台で購入できることが大きなメリットですが、競合と比べると少し高い価格です。防水防塵、おサイフケータイを搭載している一方、ゲームなどには向かない処理性能。ただし、ディスプレイが120Hzの倍速駆動に対応していることから、ネットサーフィンなどでは非常にサクサク動作します。
 

まとめ

 近年はハイエンドスマホの多くが10万円を超えるようになってきたためか、ミッドレンジのスマホがBCNランキングに入るようになっています。たくさんあるスマホの中から自分に合った1台を見つけるのは大変ですが、ぜひBCNランキングを活用してみてください。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。