【記者のひとこと】コロナ前と蔓延後を比較すると……

コラム

2021/09/06 10:00

 在宅で業務を開始しようとした9月3日のことです。リビングに高校生の娘が入ってきました。夏休みが終わって1日と2日に登校、いつもなら家を出ている時間だったので「今日、学校は?」と聞いたところ、「家庭学習」と娘。緊急事態宣言の影響です。1日が始業式、2日から通常授業を行ったのですが、やはり感染防止を踏まえて、高校側がしばらくオンラインによる遠隔授業に切り替えたとのことです。

 娘が通う高校は、過去の緊急事態宣言下でも柔軟に遠隔授業を採用していました。遠隔ではあるものの、リアルタイムの授業なので、分からないことがあれば、いつでも先生に質問できます。このような学校は全国に多いと思いますが、では実際、遠隔授業は効果を発揮しているのでしょうか。日本を含むアジアの16~25歳の生徒・学生と11~15歳の子どもをもつ保護者を対象に、レノボ・ジャパンコロナ蔓延後に行われた遠隔授業と学習体験についてコロナ前との比較調査を実施しました。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
遠隔授業の効果は? レノボがコロナ前後の比較調査を実施

オススメの記事