【記者のひとこと】五輪とサイバー攻撃

コラム

2021/08/06 10:00

 8月8日に東京五輪が閉幕します。無観客開催ということもありテレビやインターネットでの観戦でしたが、4年に1度という舞台で一流アスリートがしのぎを削る姿は特別だと改めて実感しました。日本選手も多くのメダルを獲得し、同じ日本人として誇らしい気持ちになりました。あと3日間、テレビの前で選手を応援したいと思います。

 一方で、五輪はハッカーの格好の標的となっており、期間中、開催国へのサイバー攻撃が大幅に増加します。新型コロナウイルスによって通常開催に比べると規模が小さくなった今回の東京五輪ですが、やはりサイバー攻撃は行われているようで、CDNベンダーのクラウドフレアの調査によると、競技開始後に国内におけるDDoS攻撃が通常の10倍以上に増加したそうです。

 五輪後はパラリンピックが開催されます。引き続き国内には多くのサイバー攻撃が行われると予想されるため、大きなインシデントが発生しないように関係機関には万全のセキュリティ対策を期待したいと思います。(岩田晃久)

【記事はこちら】
東京五輪で日本へのサイバー攻撃は急増か? クラウドフレアが調査

オススメの記事