【記者のひとこと】宣言、再び

コラム

2021/01/06 10:00

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は緊急事態宣言再発例の検討に入りました。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象、早ければ7日にも発令されるとのこと。5日の時点では、飲食店の営業時間短縮を中心に制限をかけるとされ、昨年4月の宣言時と異なり「限定的に」行われるものとみられます。

 いまでも各都県から、企業はテレワークや時差出勤の実施が求められていますが、再び宣言が出るとなると、出社ベースの仕事に戻った企業でもまた在宅中心に移行することになりそうです。東京では、1日の新規感染者が1000人を超える日も出てきており、出社が必要な場合、改めて感染対策の徹底が必要です。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
大興電子通信とミライアプリ、IoWサービスで感染症対策支援パックを提供
マスク着用でも顔認証なソフトウェア開発キット、グローリー
SBクリエイティブ、新型コロナ感染予防を目的とした「密回避サイネージ」
ミロク情報サービス 会計事務所の半数がテレワーク 2020年版白書、コロナ禍で導入が拡大



 

オススメの記事