• ホーム
  • 業界動向
  • 【記者のひとこと】ハンディーターミナル市場の一角を切り崩す

【記者のひとこと】ハンディーターミナル市場の一角を切り崩す

コラム

2020/12/24 10:00

 スマートフォンカメラをバーコードにかざすと、バーコードに埋め込まれた情報を瞬時に読み取ってくれます。この機能を応用して、小売業や倉庫業などでよく使われているハンディーターミナルをスマートフォンで置き換えようとしているのが、スイスに本社を置くソフト開発ベンダーのスキャンディット。

 バーコードを素早く正確に読み取る独自のアルゴリズムの開発に加え、文字認識や拡張現実(AR)の機能を実装。2021年中をめどに、商品棚にカメラを向けるだけで、どの商品が欠品しているのかを判別する機能も追加するそうです。

 顧客専用の業務アプリケーションや既存システムのつなぎ込みも、汎用性が高いスマートフォンであれば容易に開発できます。処理性能や通信機能が充実しているスマートフォンを応用することで、「ハンディーターミナル市場の一角を切り崩せる」と、スキャンディットではみています。(安藤章司)

【記事はこちら】
スキャンディット ハンディ端末の置き換え狙う スマホでコードを読み取る需要を開拓
小売業のDXはネット通販が起点になる──ゼブラ・テクノロジーズが調査
スタディスト 小売業向け販促支援サービスを提供 販促施策の効果検証を可能に
クラウド販売管理システム「商蔵奉行クラウド」の新バージョン、OBCが提供
OKIデータ 小型、高性能、高耐久性を実現 小売店や調剤薬局など“現場業務”に焦点
キヤノンMJ ハンディターミナル向けアプリ開発を容易に中小製造業や小規模店舗でも自在に活用

 

オススメの記事