• ホーム
  • 業界動向
  • 3割超がGo To トラベルに前向きな意見、ただ新型コロナが利用の大きな障害

3割超がGo To トラベルに前向きな意見、ただ新型コロナが利用の大きな障害

データ

2020/10/09 12:00

 ECデータバンクは、「Go Toキャンペーン」に特化した情報サイト「Go To キャンペーン.jp」で実施した「Go To トラベルキャンペーンに関するアンケート調査」の結果を10月7日に発表した。調査は、全国の20~70代の男女965人を対象に、9月23~30日の期間に行われている。

「Go To トラベルキャンペーン」の認知度は高いものの、内容を理解していない人が大部分を占める

 調査対象者に、Go To トラベルキャンペーンの認知度を尋ねたところ、認知度は高いものの、その内容まで理解していない人が84%に達した。
 
3割超が「Go To トラベルキャンペーン」利用経験あり/予約済み/検討中

 Go To トラベルキャンペーンの利用予定を尋ねた質問では、すでに利用した人が18%いる一方で、44%が「利用予定がない」と答えている。同キャンペーンを利用した、または予約済み、検討中であるという、前向きな回答が36%を占めており、同キャンペーンが旅行の動機付けになっていることがうかがえる。
 
60代以上の「Go To トラベルキャンペーン」利用者は極めて少ない

 Go To トラベルキャンペーンの利用者は、人口比率と比較して、60代以上が2%と低かった。
 
旅行の申し込み方法は「旅行サイトから予約」が大半を占める

 旅行の申し込み方法としては、「旅行サイトから予約」が75%を占めている。
 
旅行先での新型コロナ対策は「マスクの着用や「手洗いの徹底」

 旅行先での新型コロナウイルス感染症対策としては、「マスクの着用や「手洗いの徹底」が多かったほか、公共交通機関を避ける動きもみられる。
 
約7割の人が新型コロナを理由に「Go To トラベルキャンペーン」を利用しないと回答

 一方、Go To トラベルキャンペーンを利用しないと回答した人に、その理由を尋ねたところ、新型コロナウイルス感染症への懸念を挙げる人が69%に達した。
 
7割超の人が新型コロナが落ち着いたら「Go To トラベルキャンペーン」を利用したいと回答

 どのようになれば、Go To トラベルキャンペーンを利用したいと思うかを尋ねた質問では、無条件で利用したくないという回答は11%にとどまり、72%が新型コロナウイルス感染症の感染拡大が落ち着いたら利用したいと答えている。
 
「観光業救済のために何からの形でキャンペーンを実施すべき」という意見が7割超に

 Go To トラベルキャンペーン自体への考えとしては、「実施すべきでない」という意見が24%存在する一方で、改善点はあるものの観光業救済のために何からの形でキャンペーンを実施すべき、とする意見が76%に達した。

オススメの記事