在宅勤務が定着している企業を訪問すると、オフィスはほぼ人がいない状態が続いています。

 都市部のテナントビルで空室が増えているというニュースもあり、オフィスの在り方を見直す動きは加速しているようです。

 オフィスの解約や移転を断行する企業がある一方、ITを活用して新たなオフィスの姿を模索する企業もあります。

 すでに、さまざまなソリューションが登場しており、各ITベンダーは、従業員の安全確保や業務効率化の観点から顧客への提案を進めています。(齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
日本コンピュータビジョン、INESTグループ AI温度検知ソリューションの販売を開始  中小企業、店舗運営会社をターゲットに
ソフトバンク、画像認識ソリューションの開発会社を設立l
ZVC JAPAN 有償ユーザー数が1万5000社超にオフィス会議室、在宅勤務向け提案を強化へ
ニューノーマルで変わる働き方 DXへの第一歩としてのデジタル化