先日、カフェにいたとき、外国人に英語で話しかけられました。ただの雑談だったのですが、英語が話せない私はまともな返しができず、しどろもどろに。普段の取材でも、外国本社から来日した方にインタビューをすることが度々ありますが、そのときも話は通訳の方に頼りきりで、英語が少ししか話せない自分が情けなくなります。

 学習指導要領の改訂によって、今年から小学校で外国語(英語)教育が強化され、3・4年生で「外国語活動」、5・6年生で「教科」としての外国語授業が始まります。こうした世代の子どもたちが大人になったときに、先輩社会人が英語ができないとまずい…。英語を勉強しないとと思う、今日この頃です。(前田幸慧)

【関連記事はこちら】
<編集部のイチオシツール>『ブレーン(PW-SB7)』
NTTドコモなど、音声認識AIサービス「Otter」の日本展開で協業開始
「EdTech」で教育が変わる? データ活用で、一人一人に最適化した学習の実現へ
チエル、BYODに対応した英語4技能学習システム「CaLabo MX」