学生の時に運転免許を取ったものの、長いこと運転する機会がなく、ペーパードライバーのままゴールド免許になってしまいました。最近は地方に行く機会が増えたので、なんとか脱ペーパードライバーをしたいと思っています。

 10月24日にクルマの祭典・東京モーターショーが開幕しました。開会式には総裁を務める三笠宮家の瑶子さまが登壇され、ご挨拶のなかで「ペーパードライバーのまま、ゴールド免許になってしまいました」と話し、会場を和ませて下さいました。

 今、自動車業界の目玉は自動運転です。モーターショーでも次世代のコクピット、自動運転車の試験走行などがあちらこちらのブースで披露されています。最新の運転席は、自動運転に切り替わるとハンドルが収納され、運転手は緊張を強いられる運転から解放されて、同乗者と楽しく会話を交わせるようになります。

 私のような運転が苦手なペーパードライバーもリラックスして好きな場所に好きな時に移動できるようになる日も近いですね。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
第46回東京モーターショー2019開幕、豊田会長が開幕の挨拶
東京モーターショーでお披露目、シートにIoTを搭載した「愛されるシート」など
東京モーターショー・プレスセンターのネットワークはアライドテレシス製だった
アルプスアルパイン、ユーザーに合った移動ルートをレコメンド、最新コクピットを展示
【東京モーターショー2019】10月24日から12日間開催