【記者のひとこと】見守ってくれる安心感

コラム

2019/07/17 10:00

 気が付けばずいぶん日が伸びましたね。会社を出る18時ごろはまだ外は明るく、気温も下がって出歩くにはいい感じです。とはいえ、自宅近くに着くころにはとっぷり日が暮れて真っ暗になってしまいます。

 自宅の周辺は住宅地なので、残業の後になると車も人も往来が途絶えます。そんな中、周りを照らしてくれる街灯の明るさは心強くもあります。そんな街灯が先日、一本切れていたことがあります。たった一本分の灯りでも消えてしまうととても不安になるものですね。そこの区間だけ走り抜けてしまいました。

 スリーエスのソーラー街路灯は、長寿命のLEDを採用しているので、切れることが少なくなります。さらに、AIカメラを搭載しており、不審な動きをする人を察知すると自動で録画を始めてくれます。明るく照らしてくれて、防犯対策にもなるなんて大変心強いですね。むしろ一区間だけ走っている私の方が不審人物に見えるかもしれません。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
スリーエスがソーラー街路灯、自治体などへの導入を目指す
日立システムズと図研ネットウエイブ、防犯・安全対策支援で協業
安全な都市を目指しラスベガスで実証実験 日本でも商用展開を計画――NTTグループと米デル テクノロジーズ
IoTで安全な海水浴を、千葉県御宿町が離岸流を検出する実証実験

オススメの記事