全国初となる都道府県対抗による「eスポーツ選手権」が、「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラム事業の一環として今年10月に開催予定であるなど、eスポーツは盛り上がりを見せています。NTT東日本は将来のビジネス可能性を視野に入れてeスポーツ支援に積極的で、まずは「自らもeスポーツに参加するべき」として、推進役を担う滝澤正宏・取締役営業戦略推進室長自ら社内若手有志とともにeスポーツチーム「テラホーン」を立ち上げたとのこと。

 ギガの上を行く“テラ”という響きと、英語で角(つの)を意味する“ホーン”を組み合わせて、大きく強いイメージを演出。さらにその裏には、「テラホーン」の響きが、「どことなく“テレホン”に似ているから」(滝澤取締役)と、電話事業をルーツとするNTT東日本らしさも含まれているとか。eスポーツ振興に向けて「テラホーン」の今後の活躍に期待したいところです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
スポーツ産業のビジネスセンスで日本のeスポーツの発展を期す――第218回(上)
スポーツ産業のビジネスセンスで日本のeスポーツの発展を期す――第218回(下)
インテル鈴木国正社長「10年後に今のビジネスはない」――経営者はDXに答えを求めている
スポーツテックに熱視線 ITベンダーが新規事業に挑む
ポスト2020のPCビジネス
EDI移行は時間との勝負 ピーク時は年率7~8%の伸びが見込める