私が初めて携帯電話を手にしたのは高校1年生になってからです。周りと比べて随分遅かったように思います。両親と一緒に家電量販店に行き、買った機種はiPhoneの3GS。その頃、流行に疎かった私でも「これはスゴイ!」と興奮したのを覚えています。手にしたばかりの時は、ゲームに音楽と、およそ両親の教育方針からかけ離れた使い方をしてよく怒られていました。

 当時、普及していたモバイル通信規格は3Gですが、その響きがなんとも懐かしく感じます。今では4G/LTEが一般化し、2020年には5Gの正式サービスが始まろうとしているのです。ここでポイントになるのは、キャリアは5Gを「B2B2X」のサービスだと認識していること。いろんな企業がキャリアと共に動き始めています。高速、大容量、多接続、低遅延の通信でどんな体験が生まれるのか、新たな興奮はすぐそばです。(銭君毅)

【関連記事はこちら】
5G 協創の輪に入るには 3大キャリアのパートナー戦略
IPアドレスなしの通信を商用化 導入障壁を下げIoTを日本の産業に育てる――ソフトバンク
海外の回線問題解消に向けグローバルIoT事業で協業 「IoT世界基盤」と「Lumada」が連携――KDDIと日立製作所
製造部品大手のTHKがIoTサービスに乗り出す NTTドコモ、シスコシステムズと協業 部品の損傷具合で製造装置の故障予兆を検知