• ホーム
  • トレンド
  • LGイノテック、LEDで殺菌するデバイス「UV-C LED」の普及を目指す

LGイノテック、LEDで殺菌するデバイス「UV-C LED」の普及を目指す

販売戦略

2018/06/27 18:30

 韓国LGグループのLGイノテックは6月27日、LEDの紫外線で殺菌するデバイス「UV-C LED」のプレスカンファレンスを開催した。

2017年に発表した世界初の100mWの「UV-C LED

 「UV-C LED」は、波長の違いによってA、B、Cの3つに分類される紫外線のうち、最も波長が短い200~280ナノメートルの「UV-C」を出力して殺菌するデバイス。すでにLGエレクトロニクスのインド市場向け浄水器や韓国市場向け加湿器空気清浄機、理美容機器などに搭載し、水タンクや機器の殺菌に利用している。昨年、世界初の最大出力100mWの「UV-C LED」デバイスを発売した。
 
「UV-C LED」を搭載したインド市場向けの浄水器
 
「UV-C LED」で殺菌する理美容機器

 国内ではウォーターサーバーの水の殺菌や産業用の殺菌システムなどに採用されており、本格普及に向けて「UV-LEDフォーラム」を立ち上げ、市場開拓の可能性について探ることにした。LGイノテックの朴鍾頷社長は、「UV-C LEDは小さなデバイスで大きな殺菌パワーが得られる。以前は殺菌できなかった靴やエスカレータの手すりなども殺菌できるようになった。さまざまな機器での採用を検討しながら市場を創造していきたい」と、抱負を語った。
 
紫外線の波長の違いによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つがある

 殺菌デバイスではUVランプが有名だが、サイズが10cm以上で寿命は2000~1万時間だった。また、使うには2~5分の予熱が必要たったり、オンとオフの切り替えが不可能だったり、水銀を含有するといった課題があった。

 UV-C LEDはサイズが1cm未満と小さく、省電力のため寿命は1万~5万時間と長い。また予熱が不要で、オンとオフの切り替えもでき、水銀を含まないなど環境面でのメリットがある。

 なお、315~400ナノメートルの「UV-A」は露光や素材の硬化、液晶デバイスのフィルターの接着などに使われている。また、280~315ナノメートルの「UV-B」は、アトピーなど皮膚病の治療に医療現場で使われている。

オススメの記事