某バーチャルアイドルの持ち歌に「無感覚的干渉性完全制御装置」という曲があります。意味はよく分からなくても、中二心(ちゅうにごころ)をくすぐるすごい装置であるような印象だけは強く残りました。

 NECのAI「the WISE」だけが持つ技術のひとつに「異種混合学習技術」があります。ディープラーニングでは実現が難しかった予測結果の裏づけとなる「根拠」を可視化。この技術開発の中心的役割を果たしたのが、NEC史上最年少で主席研究員に抜擢された藤巻遼平氏とのこと。

 想像するに、南武線の向河原駅近くにある事業所でコツコツと研究する技術者の方かと思いきや、実は、ITの最先端を行く米シリコンバレーのNEC研究所にお勤め。普段はもちろん英語で仕事をしています。

 その藤巻さんがNECの支援のもと、シリコンバレーで「dotData(ドットデータ)」という会社を興しました。この会社で開発するのが、これまた漢字名の「予測分析自動化技術」。なんだかすごい技術であるような印象だけは強く残りました。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
NEC、データ分析を自動化するソフト開発会社「dotData」を米国に設立
NEC、「顔認証共創ソリューション展示会」を開催 最先端ソリューションと幅広い活用シーンに 多くの参加者の高い関心が集まる
NEC サービスを含めたトータルで差異化 「NEC Hyper Converged System」
事業縮小が続くNEC 新中計で踏みとどまるか