山寨(さんさい)という言葉があります。大辞林によると「中国で生産される海外ブランドの模倣品」で、より細かい説明では「もと、人里離れた山につくられる砦の意。転じて、違法なコピー商品を生産する工場をさす語となり、のちに生産されたコピー商品に対しても用いられるようになった」となっています。

 中国では、新しい製品を素早く模倣することを山寨文化というそうです。山寨製品を専門に販売する店舗は各地に存在し、先日訪れた深セン市でも、本物そっくりの製品がたくさん売られていました。ただ、苦労して開発した製品が簡単にコピーされてしまっては、コピーされる側としてはたまりません。中国当局は、知的財産権の保護を強化する方針を示していますが、どこまで効果が出るかは未知数です。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
<齋藤秀平のイチから中国生活>偽物とコピー品の違い
アリババ、クラウド事業が2倍に成長
小米が香港証券取引所に上場申請、1兆円超の資金調達を目指す
Alipay日本版サービス、「今のところ計画はない」