この1年ほど、個人的にペーパーレス化に取り組んでいて、取材時のメモは、紙のノートではなくPC上に記録するようにしています。たまに、手書きのメモを取ることもありますが、その場合は殴り書き。丁寧な字を書く機会はほとんどありません。

 先日、PCのバッテリが切れてしまい、手書きでメモを残さざるを得ない事態に陥りました。筆記用具を持ち合わせていなかったので、コンビニで新しいボールペンを新調したのですが、これが大当たり。安物なのに、とても書きやすくて、久しぶりだったこともあり、手で書くことが楽しく思えました。

 せっかくなので、取材の後に、きれいな字を書いて遊んでみることにしたのですが、そこで、大ショック。なんと、きちんとした漢字が書けません。なんとなく輪郭はイメージできても、どうしても細部を思い出せない。キーボード入力、予測変換に慣れ過ぎてしまったのです。ああ、恥ずかしい。取材時のメモ取りも、PCのキーボードだけでなく、タブレットと手書き入力アプリを利用して、漢字を復習してみることにします。(真鍋武)

【関連記事はこちら】
MetaMoJi、手書きノートアプリと「Fleekdriveモバイル」を連携
チエル、個別学習用のクラウド型デジタル教材「基礎・基本 国語検定」
ALSI、Chromebook利用の教育機関向けウェブフィルタリングサービス
ソフトバンク C&S 中国企業の教育用ロボットを販売