セゾン情報システムズの主力商材で、データやファイルを連携させるソフトの中国版が、「2018年中国スマート介護福祉10大ブランド」に選定されたそうです。人口が多い中国だけに、介護福祉施設は数万人規模で入居するケースもあるとのこと。これだけ規模が大きいと、まるで一つの街です。管理システムも複雑かつ大規模となり、各システム間をつなぐのにセゾン情報システムズのデータ/ファイルの連携技術が高く評価されたようです。

 日本のベンダーでは、東洋ビジネスエンジニアリングの生産管理システム「mcframe」も中国で受賞歴を持っています。介護福祉や製造業向けのシステム開発の経験値は日本に多く蓄積されています。そうした強みが中国でも生かされ、ビジネスにつながっているといえそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
「中国養老十大ブランド」、セゾン情報システムズの中国現地法人を選出
ファーウェイの経営戦略説明会が開幕、「インテリジェントワールドの先駆者に」
中国で給食管理システムを販売へ ノウハウ生かし新たな成長の柱に――KCSS
東洋ビジネスエンジニアリング プロダクト事業本部 プロダクトサービス本部 システムインテグレーション3部 コンサルタント 任 玲 職場への不満? 10年間感じたことはない
20年までに売り上げを10倍に、中国最大手のBIベンダーが日本に照準
<齋藤秀平のイチから中国生活>まだ現金も使える