出張で深センに来ています。目的は、華為技術(ファーウェイ)が毎年開催している経営戦略説明会「Huawei Global Analyst Summit」を取材するためです。ファーウェイの2017年通期決算は、売上高が前年比115.7%の6036億2100万元(約10兆4300億円)となり、初めて6000億元の大台を超えました。勢いに乗るファーウェイの経営陣が、説明会でどのような戦略を披露するのか楽しみです。

 一方、深センといえば、世界屈指の電子街として注目されているので、面白いモノがたくさんあるのでは、と期待しています。出張を通じて深センの現状をしっかり取材し、少しでも有益な情報をお届けしたいと思います。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
ファーウェイの2017年通期決算、売上高は初の6000億元台に
ファーウェイ 2017年の経営戦略 パブリッククラウドなどへ投資強化
ファーウェイ 「HAS 2016」を開催 「All Cloud」戦略でさらなる事業拡大へ
ファーウェイ オープン・ラボ計画を発表 今後3年間で2億米ドルを投資