先週、日本から送った引っ越しの荷物が上海に届きました。発送から到着まで約70日がかかりましたが、家財道具が揃い、ようやく新生活が始まった感じです。気分も一新したところで、新しいことを始めようと思っています。当初はスポーツジムに通うつもりでしたが、たまたま見学に行ったジムで日本人のラグビーチームに勧誘され、参加することになりました。

 中国の日系ITベンダーのなかでも、新しい事業への挑戦を目標に掲げているという話をよく耳にします。各社の取り組みはさまざまですが、未開拓の市場に挑もうとしているベンダーもあります。京セラコミュニケーションシステムの中国現地法人はその代表例。日本で培ったノウハウを生かし、中国で給食管理システムの販売を目指しています。(上海支局 齋藤秀平)

【関連記事はこちら】
中国で給食管理システムを販売へ ノウハウ生かし新たな成長の柱に――KCSS
KCSS、中国で販売管理業務パッケージを独自開発、日系流通・小売業向けに拡販
KCCSグループ 情報セキュリティへの不安解消を支援する 日系向けは直近で約2倍に伸びる
KCSS上海、中国現地法人向けのクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス