平日はなかなか買い物する時間がないので、シャンプーや洗剤などの日用品は週末にまとめ買いをして、収納棚に置いています。ある日、シャンプーが切れ、収納棚にもなかったので慌てて買いに行きました。帰ってきてから気がついたのですが、収納棚ではなく、洗面台の下にありました。たぶん「わかりやすいように」と移動したことを忘れちゃったんですね。

 もしもに備えて、日用品や食品を買い置きすることはよくあると思います。ところが、買ったはずのものが必要な時に出てこない。食品だと気がついたら賞味期限が切れていた、なんてこと、よくありますよね。賞味期限が近くなったらアラートが出るようになれば……なんて思っちゃう主婦は少なくないはずです。

 データバックアップの世界も同じようです。とりあえずバックアップを取ったものの、いざという時に復元できない、時間がかかる、なんてことも少なくないそうです。買い置きもバックアップも、ためておくことが目的ではなく、必要な時に取り出せることが重要なようです。(山下彰子)

【関連記事はこちら】
<INTERVIEW>仮想化市場とともに拡大 バックアップに新たな価値を
パートナーアライアンスを強化し製品の連携を深める――ヴィーム・ソフトウェア
デジタルテクノロジー あらゆる環境を保護するバックアップ
バラクーダネットワークスのバックアップアプライアンス、国内シェア首位に