平昌五輪が開幕しました。スキーやスノーボードといった冬の競技が好きなので、4年に一度の冬季五輪をいつも非常に楽しみにしています。ただ、今大会は開催国である韓国との時差がないため、平日日中に行われるとくに観たい競技についてはリアルタイムで観られないという……(涙)。録画で対応するしかなさそうです。

 そして、今大会の後に控えるのが、2020年夏の東京五輪。これに向け好景気が続いている現在ですが、その後は不況の波が到来するともいわれています。日本にとって節目となる2020年がもうあと2年後まで迫っていることを、平昌五輪の開催により改めて実感します。(前田幸慧)


【関連記事はこちら】
「ポスト2020」、リセッションに備えよ 主要SIerは「次の成長戦略」を描き始めている
北斗七星 2018年2月5日付 vol.1713
【2018年 年頭所感】 IT企業トップが描く“明るい未来”
デジタル領域への旺盛な投資が追い風に 主要SIerの上期決算、増収増益の基調が続く