販売台数はやや停滞しているが、金額ベースで成長を続ける電気シェーバー市場。背景には「若い層へのシェーバーへの理解の深まりや、肌への優しさなどユーザーが求める機能の変化」があるという。