2015年は、前年に比べ、出荷金額が大きく伸び、今後も伸び続けると予想されるヘッドホン・イヤホン市場で、販売チャネルとしてオンラインの比率が上昇している。「音」が重視されるオーディオ関連機器は、オンライン販売に不向きと思われていたが、商品情報を充実させることで、比較・検討しやすくした。その具体的な工夫について、Amazon.co.jpでヘッドホン・イヤホンを含むオーディオ関連商品を担当する、アマゾンジャパンのハードライン事業部 映像・音響事業部/楽器事業部の吉田有美部長にきいた。