ハイセンスから、ユーザーの悩みを一挙に解決する小型冷蔵庫が登場した。コンパクトだけれど、たっぷり収納できて、お手入れは簡単。自炊をサポートして、節約や快適な生活に大きく貢献してくれる。

 -PR-
 

ハイセンスの冷蔵庫「HR-D1501」

コンパクトなのにたっぷり入る おしゃれな部屋にもぴったり!
 

自炊生活をサポート みんなの不満に応える冷蔵庫



 自炊は節約の第一歩。しかし、一人暮らしだと自炊を継続するのは大変だ。調理の手間がかかることや家で食べる時間がないことなど、さまざまな理由で、どうしても自炊から遠ざかってしまう。そして、実は冷蔵庫にもその原因がある。BCNが実施したアンケートで、単身用の小型冷蔵庫に対する不満点が明らかになった。

 多くの人が満足していないのは、冷蔵室の収納力。自炊には、食材はもちろん、しょう油やニンニク、ショウガなどの調味料が必要だ。残った料理を保存しておくスペースも確保したい。空間の使い勝手が悪い冷蔵室では、自炊する意欲は減退する。冷凍室の大きさへの不満もあった。仕事や学業に忙しい人は、つくり置きのおかずや冷凍食品を保存する冷凍室へのニーズが高い。一人暮らしの自炊派こそ、大容量の冷凍室が必要なのだ。

 購入後に初めて重要性に気がついたのは、掃除のしやすさをはじめとするメンテナンス性。複雑な構造だと、すき間にゴミが溜まり、清潔を保つことができない。長く使いたい人ほど、チェックしておきたい。収納力の高さ、大きな冷凍庫、お手入れのしやすさ――。そんな視点で小型冷蔵庫を選ぶとき、有力な候補になるのが、ハイセンスの「HR‐D1501」だ。
 

ポイント1

ポイント2

【ハイセンスについて】

ハイセンス

 ハイセンスは、世界130以上の国と地域で製品を展開するグローバル企業。2014年1-3月期の冷蔵庫の生産台数は世界シェア5位、4Kテレビでは世界シェア2位を獲得している。そのハイセンスは、2011年に日本に進出。機能を必要最小限に絞り、低価格を打ち出した大型テレビなど、市場のニーズをしっかり捉えて人気を高めている。今後、冷蔵庫をはじめ、さまざまなジャンルで製品を展開していく。
※フリーマガジン「BCNランキング」 2014年10月特別配布版より転載
 
●「BCNランキング」マガジンとは
 当サイトと連動し、全国の家電量販店/PC専門店で配布しているフリーマガジン。最新デジタル製品の紹介やレビュー、賢い使い方などを掲載し、読者のデジタル生活を応援しています。