ノートPCや、スマートフォンはもちろん、プリンタ、デジタルカメラなどWi-Fi対応機器が増えている。しかし、Wi-Fiってなんだろう? 使ってみたいけれど、何から始めたらいいんだろう? Wi-Fiについて徹底的に解説する。

知っているようでよくわからない いまさら聞けないWi-Fiって何?



無線接続を保証するマーク
 親機と子機の間でワイヤレスでデータを送受信する無線LAN。異なるメーカーの親機、子機の間でも接続できることを示しているのが「Wi-Fi」のマークだ。ノートPC、スマートフォン、タブレット端末だけではなく、テレビ、デジタルカメラからもWi-Fi対応機器が登場している。


無線LANルータを用意して無線LAN環境を構築する



まずは無線LANルータを用意
 Wi-Fi機器は、ADSLや光ファイバに接続し、電波を発信する「親機」と、親機が発信する電波を受信する「子機」がある。Wi-Fi対応のノートPCやスマートフォンをすでにもっているなら、親機である無線LANルータを用意しよう。


 まずは「つなぎたい機器」と「目的」をリストアップ。次に、家の中のLANポートの数と場所、手持ちの無線LAN対応機器の規格を調べよう。最後に、「設定のしやすさ」「最大通信速度」「電波が届く距離」などから機種を絞ろう。

3Gより安定・高速 外出先ではWi-Fiスポットを利用しよう



外出先で使えるWi-Fiスポット
 Wi-Fiは、外出先でも利用することができる。それが公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)だ。サービスに加入して、鉄道駅や空港、ホテル、喫茶店やファーストフードなどに設置した無線LANルータに接続して、インターネットが利用できる。

外出先で複数の機器をインターネット接続するならモバイルWi-Fiルータ



持ち歩ける無線LANルータ
 Wi-Fiスポットは便利だが、利用できる場所が駅や飲食店など限られている。いつでもどこでもインターネットに接続したい、複数のWi-Fi機器をもっている、そんな人にはモバイルWi-Fiルータがオススメ。1台の契約で複数のWi-Fi機器を接続できる。