Skype(スカイプ)は、インターネットを利用する無料のコミュニケーションソフト。ネットにつながれば、世界中のどこからでも、無料で音声通話やビデオ通話などが楽しめる。ネットを利用するIP電話や無料コミュニケーションサービスには、マイクロソフトの「MSNメッセンジャー」やグーグルの「Google Talk」、アップルの「iChat」などがあるが、2003年に登場したスカイプは全世界で2億2000万人、日本では570万人(2007年6月)のユーザー数を誇る。



●簡単、便利に無料通話

 スカイプの最大の特徴は、通話が無料だということ。ユーザー同士であれば、世界中どこからでも無料で通話ができる。さらに、有料サービスを使用すれば、一般電話や携帯電話に送受信が可能。日本国内ならどこにかけても一律料金で、一般電話よりも安い料金で通話できる。

 使用方法は、ソフトをダウンロードしてユーザー登録をするだけ。会話にはヘッドセットとWebカメラが必要になるが、最新のPCでは最初からマイクやWebカメラが内蔵しているモデルがあるので、ソフトをダウンロードすればすぐにでも始められる。

 通話は、アドレス帳の役目を果たす「コンタクトリスト」のメンバーから相手を選択して、発信ボタンをクリック。相手がPCを利用しているときには、オンラインなのかオフラインなのかなど、ログイン状態が確認できる。

 スカイプで楽しめるのは、決して1対1の音声通話だけではない。チャットやファイルの送受信、Webカメラを使ったテレビ電話など、さまざまなコミュニケーションをとることができるのだ。

 スカイプは、Windows版のほかMac OS X版、Linux版、Windows Mobile版などのOSを広くカバー。利用するPCのOSが異なっても、音声通話ができる。



●有料サービスの利用でさらに便利に

 スカイプをフルに使いこなしたいのなら、有料サービスや便利機能に注目だ。活用場面を見ることにしよう。


【1】「成長する孫の顔が見たい」

ウェブカメラを利用したテレビ電話も無料で利用できる。時間や料金を気にせず、大事な人と思う存分会話できる。海外とのテレビ通話ももちろん無料だ。


【2】「地方支社の社員たちとすぐにでも会議を開きたい」

「会議通話」機能では、最大10人までのユーザーと同時に通話できる。固定電話からでも参加可能。大事な項目はテキストデータを送信したりチャットをすることで、内容を確認しながら進行できるのがポイントだ。


【3】「毎月の通話料金の請求がおそろしい金額に……」

「SkypeOut」で一般電話への通話料金を節約しよう。あらかじめ通話料金(1500円?)を支払えば、一般電話への発信なら、接続料金4.9円と1分あたり約2.6円(為替相場によって変動)で電話がかけられる。国内均一料金で、一般電話同士で電話するよりもお得な料金体系だ。前金制なので、使いすぎの心配もない。発信先がアメリカや中国、フランスなど海外の一般電話へ発信する場合は、グローバルレート(1分約2.38円)で通話できる。国内電話とほぼ同じ料金だ。


【4】「携帯電話の通話料金も節約したい」

スカイプはPC以外の機器でも利用できる。スマートフォンやPDAなどのモバイル機器にインストールすることで、インターネットがつながる環境(無線LAN)なら外出先でも利用できるようになる。一般電話から受信できる「SkypeIn」(3カ月2250円)に登録すれば、一般電話からも着信可能な電話番号をもつことができる。「SkypeOut」や「SkypeIn」とモバイル機器をうまく使いこなせば、携帯電話の通話料金を抑えられるのだ



●ヘッドセット以外でのおしゃれな通話機器

 スカイプを使うには、ヘッドセットなどの通話機器が必要になる。「ヘッドセットには抵抗がある」「外出先ではデザインにもこだわりたい」という人に、個性的なスカイプフォンを紹介しよう。





 スカイプは、プライベートやビジネス、室内や屋外など自由な使い方ができる。国境や料金に縛られない自由なコミュニケーションツールを手に入れ、自分に合ったスタイルで上手に使いこなそう。