暑いときに飲みたい! アサヒ飲料のシュワシュワ炭酸ジュース4選

レビュー

2022/07/12 12:05

 暑い日が続くと、どうしても喉が渇く。普段の水分補給には、水やお茶などが多い筆者だが、たまに炭酸の刺激がほしいと感じることがある。炭酸ジュースを飲んだときのシュワシュワという感覚は、暑さで疲れている身体を元気にさせてくれる。王道の三ツ矢サイダーを筆頭に、暑い日におすすめのアサヒ飲料(以下、アサヒ)の炭酸ジュースを紹介する。

アサヒ「三ツ矢サイダー」

 最初に紹介するのは、誰もが知っているアサヒ「三ツ矢サイダー」。炭酸ジュースの中でも王道の商品だが、暑い日にはぴったりの商品なので紹介する。
 
アサヒ「三ツ矢サイダー」のパッケージ(筆者撮影)

 エネルギーは100ml当たり42kcal。アサヒ「三ツ矢サイダー」の始まりは、1884年に兵庫県多田村平野という土地から湧き出た炭酸水。日本で生まれた炭酸水で、それだけでなぜか惹かれてしまう。

 明治に発売されて以降、今もなお、炭酸ジュースの中心の商品である。自分が生まれる前から発売されてほとんど味が変わっていないと思うと、アサヒ「三ツ矢サイダー」の凄さを感じる。

 爽やかな味わいのアサヒ「三ツ矢サイダー」は、子どもから大人まで人気の高い商品だ。

これぞ王道!爽快感たっぷりの味!

 筆者が夏になると飲みたくなってしまうアサヒ「三ツ矢サイダー」は、家族みんなも大好きで夏が来ると必ずストックしている。
 
コップに注ぐとこんな感じ(筆者撮影)

 コップに注ぐと透明感ある見た目とシュワシュワしている泡がコップに浮かび、爽やかな気分にさせてくれる。アサヒ「三ツ矢サイダー」は、一口飲んだだけで染み渡る感じがして、身体の中から涼しくしてくれる。

 また、味も変な甘さではなく程よい甘さで飲みやすい。暑いときには自然とゴクゴクと飲める。何度飲んでも、また飲みたくなってしまう味だ。

アサヒ「三ツ矢」特濃オレンジスカッシュ

 次に紹介するのは、アサヒ「三ツ矢」特濃オレンジスカッシュという商品だ。
 
アサヒ「三ツ矢」特濃オレンジスカッシュのパッケージ(筆者撮影)

 エネルギーは100ml当たり50kcal。アサヒ「三ツ矢」特濃オレンジスカッシュは、以前から発売されていた商品だが、3月にリニューアルされた。甘さたっぷりのオーダーメイド果汁20%を使用している。

 リニューアル後は、さらに果汁本来のおいしさを楽しめる。また、パッケージもオレンジが大きく載っておりインパクトがある。

 リニューアル前も、アサヒ「三ツ矢」特濃オレンジスカッシュを飲んだことがあるが、どんな風に変わったのか気になって購入してみた。

とにかく濃厚な味わい!

 炭酸ジュースでは珍しく、ペットボトルの底にオレンジが溜まっており、それだけで濃さ伝わってくる。炭酸飲料なので、思いっきり振れないのが難点だ。飲む前に、ゆっくりとペットボトルを逆さにするのがおすすめだ。
 
コップに注ぐとこんな感じ(筆者撮影)

 コップに注いだ瞬間にオレンジのいい香りが広がった。炭酸ジュースは、どちらかというとあっさりとした味が多いイメージがあったが、一口飲むと自分が予想していた味と違っていて驚いた。

 思ったよりも、オレンジの味が濃厚だったのだ。まるで、オレンジを丸ごと食べているかのような味わい。筆者は、ここまで濃厚な味の炭酸ジュースは初めて飲んだ。

 あまり味が濃いと逆に喉が渇いてしまうものだが、意外にも後味がスッキリしている。微炭酸なので炭酸が苦手な人にもおすすめである。ちょっと贅沢な気分にさせてくれる炭酸ジュースだ。

アサヒ「三ツ矢ストロングレモン」

 次に紹介するのはアサヒ「三ツ矢ストロングレモン」という商品。
 
アサヒ「三ツ矢ストロングレモン」のパッケージ(筆者撮影)

 エネルギーは100ml当たり37kcal。アサヒ「三ツ矢ストロングレモン」は、6月から期間限定で発売されたようだ。偶然見かけて思わず手に取ってしまった。

 また、パッケージに書いてある「三ツ矢ブランド最高レベルに酸っぱい」という言葉にも惹かれた。なんと、クエン酸を7350mgも含んでいるそうだ。

 と言っても、筆者はあまりピンとこなかったのでどれくらい酸っぱいのか気になって、とりあえず購入してみた。

ガツンと来る酸っぱさ!

 酸っぱい炭酸ジュースが好きな筆者は、今までたくさんのレモン味の炭酸ジュースを飲んできた。なので、初めて飲むアサヒ「三ツ矢ストロングレモン」もすごく楽しみだった。家に帰って早速、飲んでみることにした。
 
コップに注ぐとこんな感じ(筆者撮影)

 レモンと言っても黄色ではなく透明の色をしている。今まで飲んできたレモンの炭酸ジュースは、黄色のものが多くいかにも酸っぱそうだった。

 しかし、透明だと一体、どのくらい酸っぱいのか想像できなかった。ワクワクしながら一口飲んでみると、パッケージの言葉通り最高に酸っぱさを感じた。

 だけど、ただ酸っぱいだけでなく、きちんとしたおいしさを感じられる。一口飲んだだけで一気に目が覚めた。身体が疲れているときに飲むと、元気になる炭酸ジュースだ。

 これから暑い日が続く中、欠かせなくなる炭酸ジュースになりそうだ。期間限定ということなので、気になる人は、早めにチェックしておいたほうがいいかもしれない。

アサヒ「カルピスソーダ」

 最後に紹介するのはアサヒ「カルピスソーダ」。アサヒ「三ツ矢サイダー」と同様に、飲んだことがある人は多いだろう。
 
アサヒ「カルピスソーダ」のパッケージ(筆者撮影)

 エネルギーは100ml当たり36kcal。アサヒ「カルピス」を炭酸で割ったのがアサヒ「カルピスソーダ」だ。

 アサヒ「カルピスソーダ」は1973年に発売された商品である。以来、未だに人気の高い商品ということで、改めてアサヒ「カルピスソーダ」の凄さを感じた。真ん中が少しへこんでいるペットボトルの形も、持ちやすくていい。

子どもも楽しめるカルピスの味!

 アサヒ「カルピスソーダ」は蓋を開けるときに、プシュッという音が若干、弱く感じる。
 
コップに注ぐとこんな感じ(筆者撮影)

 注いだときの見た目は普通のカルピスと変わりない。一口飲んでみるとカルピスそのままの味が口に広がった。

 炭酸は、上記で紹介した他の炭酸ジュースよりもすこし弱いように筆者は感じた。炭酸は強い方が好きな人には、物足りなさがあるかもしれない。筆者は、もう少し炭酸の刺激がほしいと感じた。

 しかし、アサヒ「カルピス」と同様に一口飲むだけで爽やかな気分になる。筆者の娘はカルピスの味と、弱めの炭酸が飲みやすくてお気に入りだ。炭酸が苦手な人や子どもにもおすすめの炭酸ジュースである。

炭酸ジュースで気分を爽快に!

 今回紹介した炭酸ジュースは王道な商品からちょっと贅沢な気分になる商品と、子どもから大人まで楽しめるものばかりとなっている。

 暑い日にはシュワシュワとした炭酸ジュースが恋しくなる。炭酸ジュースは疲れているときに飲むと、気分を爽やかにリフレッシュさせてくれる。炭酸ジュースを飲んで、暑い日を乗り切りたい。(GEAR)
ギャラリーページ

オススメの記事