• ホーム
  • ライフスタイル
  • ビールやハイボールが屋外に持ち出せる「真空断熱炭酸ボトル」、タイガー魔法瓶から

ビールやハイボールが屋外に持ち出せる「真空断熱炭酸ボトル」、タイガー魔法瓶から

新製品

2022/01/11 18:00

 タイガー魔法瓶は炭酸飲料を入れて持ち運ぶことができる「真空断熱炭酸ボトル MTA-T型」を1月21日から発売する。従来の真空断熱ボトルは、温まったりしてボトル内の圧力が上昇するとキャップや蓋が破損したり破裂したりするおそれがあったため、炭酸飲料の持ち運びを推奨していなかった。新製品は新構造の「Bubble Logic(バブルロジック)」を開発したことで炭酸飲料対応を実現した。

タイガー魔法瓶の「真空断熱炭酸ボトル MTA-T型

 真空断熱炭酸ボトル MTA-T型の価格はオープンで実売想定価格は、MTA-T050(容量0.5L)が6000円前後、MTA-T080(0.8L)が6500円前後、MTA-T120(1.2L)が7000円前後、MTA-T150(1.5L)が7500円前後の予定。カラーは、スチールとカッパー、エメラルドの三色展開。

 タイガー魔法瓶では容量別の利用シーンを提案する。0.5Lはオフィスや在宅勤務での気分転換に、0.8Lはアウトドアやスポーツ時ののどの渇きを潤すため、1.2Lはホームパーティーでのハイボールづくりに、1.5Lはキャンプやピクニックでのビールピッチャーとしての使い方などを提案する。旅行先のクラフトビールを持ち帰るときに使うなど、新たな使い方の幅も広がる。
 
容量別の利用シーン提案

 気になる炭酸力の持続だが、保冷効力の6時間は維持され、それ以後は徐々に低下するという。もっともペットボトルによる炭酸飲料の持ち運びはすぐにぬるくなったり、結露でバッグが濡れたり、アルコール対応がむずかしかったり、プラスチックごみなど環境面の問題もある。MTA-T型ならこうした課題をクリアし、冷たい炭酸飲料が楽しめる。
 
炭酸飲料対応せん構造
「Bubble Logic」

 冷たい炭酸飲料の持ち運びを可能にしたのは、「炭酸ガス抜き機構」や「安全弁」を備えた独自の炭酸飲料対応せん構造「Bubble Logic」の採用と、ボトル内面の凹凸を少なくする独自加工技術を施した「スーパークリーンPlus」にある。

 炭酸ガス抜き機構は、バッグに入れて持ち運んでも、飲むときにゆっくりとせんのキャプを回すと炭酸ガスが一瞬だけ抜けて吹きこぼれが防げる。また、真夏の車中など異常に温度が高まった環境でも、安全弁で炭酸ガスが自動的に抜けるから安心だ。この安全弁の開発には、実に2年を要したという。
 
「スーパークリーンPlus」

 さらに、炭酸はボトル内面の小さな凹凸にぶつかると気化が早まってしまうため、それを抑えるためになめらかに表面加工したスーパークリーンPlusを採用した。

 真空断熱炭酸ボトルは、炭酸ではない飲み物にも使えるが、保冷専用である。飲み口が細いため、温かい飲み物を入れるとやけどするおそれがあるので、その点は注意したい。

 タイガー魔法瓶は、炭酸水の生産量が10年で約8倍に伸びていることや、密を避けるアウトドア市場の拡大を背景に、国内における年間目標販売本数をMTA-T050で4万4100本、MTA-T080で4万1000本、MTA-T120で9500本、MTA-T150で5400本の合計10万本に据える。(BCN・細田 立圭志)

 

オススメの記事