応答速度1ms! ゲームなど動きに強い日本サムスンの27型LCD「P2770FH」

レビュー

2010/10/29 15:34

 液晶ディスプレイの大型化と低価格化が進み、大画面のフルハイビジョン(フルHD)モデルも手頃な価格で手に入るようになってきた。PCだけでなく、ゲーム機やレコーダーを接続して、迫力ある映像を楽しめる。ゲームなど動きの速い映像を再生するときに注目したいのが、黒→白→黒へ表示が変化する時の速さ「応答速度」。応答速度が速いほど、残像が現れず、映像をくっきりと表示できる。日本サムスンの27インチフルHD液晶「SyncMaster P2770FH」は、応答速度1msと、超高速。実勢価格は約4万5000円前後だ。その性能を、同社の従来モデルと比較しながら体感した。

日本サムスン「SyncMaster P2770FH」

スリムで曲線を生かしたデザインが美しい大画面液晶



 「SyncMaster P2770FH」の液晶サイズは27インチと大型。解像度は1920×1080ドットで、フルHD表示に対応する。大画面モデルながら、液晶部分の奥行きは約38mmと超スリムだ。側面にボタンや端子類を一切配置せず、滑らかに曲線を描く美しいデザイン。カラーはローズブラックだが、光の加減で、見た目の色合いがブラウンからパープルまで変わるグラデーションベゼルが美しい。液晶本体を支える透明なクリスタルネックスタンドもスタイリッシュで、リビングのインテリアにマッチする。

表情豊かなグラデーションベゼル

前面のコントロールボタンはタッチセンサー式

 液晶は固定されているように見えるが、前2度~後18度まで、見やすい角度に調整できる。また、スイーベル機構で、左右に270度動かすことも可能。他の人に画面を見せたいときなどに便利だ。ただし、VESAマウントには対応していないので、ディスプレイアームの利用や壁掛け利用はできない。

後ろにも傾けられる

 端子類は厳選されている。映像入力は、デジタル/アナログ接続ができるDVI-DとHDMIを搭載。そのほかは、音声出力端子と電源端子だけというシンプルさだ。とはいえ、PCやゲーム機、レコーダーなどを接続できるので、特殊な環境でない限り不足はないだろう。スピーカーは備えていないが、HDMIから入力した音声を光デジタル/アナログ音声出力端子からスピーカーやアンプへ出力できるので、問題ない。ゲーム機と接続するなら、5.1chに対応する大出力のスピーカーを用意すれば、映像だけでなく音声も大迫力で楽しめる。

背面の端子類。左から順に、DVI-D、HDMI、音声出力、電源端子
___page___
 液晶の設定を変更するOSD(On-Screen Display)は、前面タッチセンサーの「MENU」ボタンを押して呼び出す。明るさやコントラストの調整、画面の表示位置の変更などが可能。色温度は「青」「標準」「赤」に切り替えることができる。OSDの言語を日本語にすれば、表示はわかりやすく、迷わず操作できる。タッチセンサーの感度も上々だ。

OSDは日本語表示に対応する

応答速度1ms、ダイナミックコントラスト比70000:1で速い映像もくっきり



 「SyncMaster P2770FH」の一番の特徴は、なんといっても超高速の応答速度。応答速度とは、黒→白→黒や白→黒→白へ表示が変化する時の速さのこと。液晶のレスポンスが速ければ速いほど、動きの激しい映像を表示した時に残像が現れずに、くっきりと表示できる。液晶ディスプレイの平均的な応答速度は6~8ms。高速タイプだと2msだが、「SyncMaster P2770FH」は1msという超高速描画だ。そのほかの性能も、コントラスト比1000:1、ダイナミックコントラスト比70000:1、輝度は300cd/m2と高い。

 実際の画質は、柔らかいながらも鮮やかだ。高色域パネルではないが、緑もしっかり出ていて、デジタル一眼で撮った風景写真も正確に描写できている。明るさも十分で、最大輝度にすると明るすぎるくらいだ。

風景写真を鮮やかに表示

 動画を再生すると、応答速度の恩恵を実感できる。動きが激しいシーンでも、細部まで鮮明に見えるのだ。「SyncMaster P2770FH」で動画を見た後に、同じPCで、応答速度8msの日本サムスンの従来機種「SyncMaster F2370H」に動画を出力すると、その差は一目瞭然だ。「SyncMaster F2370H」ではぼんやりとした印象の映像になり、いわゆる眠い感じになる。手持ちの動画や3Dゲームなどでも試したが、動きのある映像で残像感がなくなると、迫力が増して、より映像に引き込まれる。


ファーストパーソン・シューティングゲーム「Enemy Territory: Quake Wars」のサンプルムービーを「SyncMaster P2770FH」に表示

 視野角は水平170度、垂直160度とやや狭い。リビングに置いて家族全員で見るという使い方には向かないかもしれないが、一人で利用するぶんには問題ないだろう。

斜めから見ると画面が暗くなる

 2010年9月の27インチフルHD液晶の税別平均単価は約3万円。応答速度1msの高速レスポンスを考えれば、4万5000円前後という実勢価格は高くは感じない。PCにゲーム機、レコーダーなどを接続して、大画面を独り占めするには、「SyncMaster P2770FH」はイチオシのディスプレイだ。(アバンギャルド・柳谷智宣)

オススメの記事