【記者のひとこと】P.A.Iが業務を変える

コラム

2023/01/20 10:00

 AIを活用したサービスが次々と生まれ、利用する機会も増加しています。AIにはいくつかの種類がありますが、オルツは、人間の意思や判断をデジタル上のクローンとして再現する「P.A.I.(パーソナル人工知能)」を開発しています。P.A.Iを利用すると、時間をかけずに判断ができるようになるため、業務の効率化や生産性の向上などが見込めるそうです。

 同社は、会議議事録の自動文字起こしツール「AI GIJIROKU」も提供しており、5000社以上が利用するなど、急成長を遂げています。P.A.Iの開発が進むことで、存在感はさらに増していくと思われます。

 ちなみに、同社の米倉千貴・代表取締役は、絵を描くことが好きで、中高生の時は本格的に絵画に取り組んでいました。一時期はアーティストを目指していたそうです。現在も趣味で絵を描いており「忍耐力を鍛えるのにすごくいい」と話していました。(岩田晃久)

【記事はこちら】
エキスパートを生み出す社会へオルツ 代表取締役米倉千貴

オススメの記事