【記者のひとこと】リモート環境での知識の共有

コラム

2023/01/17 10:00

 リモートワークは、出勤時間が不要になるなどプラスの面が多くありますが、分からないことを気軽に上司に聞けないといったマイナスの面もあります。対面で話せばすぐに解決するような事柄でも、チャットなどのやり取りでは無駄に時間がかかってしまいます。

 そうした中、現在、AI技術を用いたFAQやチャットボットの普及が進んでいます。問い合わせ対応にかかる時間を削減できるだけでなく、リモート環境でも容易に知識を得ることができるようになるからです。

 チャットボットの裏側で動くAIアルゴリズムの提供などを手掛けるPKSHA Technologyは、売り上げを急速に拡大させています。同社の上野山勝也代表取締役は「つきつめれば、全ての社会活動はコミュニケーション」とした上で、AI技術を用いて知識の共有ができる仕組みづくりを進めています。(大畑直悠)

【記事はこちら】
AI技術でコミュニケーションを円滑にする PKSHA Technology 代表取締役上野山勝也

オススメの記事