【記者のひとこと】デジタルで銀行を再定義

コラム

2022/11/29 10:00

 みんなの銀行の基幹システムを開発・運営するゼロバンク・デザインファクトリーはこのほど、フルクラウド型の銀行システムの外販を開始しました。みんなの銀行は、BtoC向けの銀行サービスを主軸に、すべてのサービスをスマートフォンで完結できる「デジタルバンク」を展開しています。

 同社は、グローバルでデジタルバンク設立の動きが活性化し、直近5年で年間平均34のデジタルバンクが設立されていると説明。今後はアジアやオセアニア、アフリカ地域を中心に設立数が伸長していくとみています。

 日本では、主に若い世代を中心に利用が急拡大しているデジタルバンクですが、今後のさらなる普及が見込まれます。デジタルの力で銀行を再定義し、より顧客が使いやすいUI・UXや機能が追加されることを期待したいです。(大畑直悠)

【記事はこちら】
ゼロバンク・デザインファクトリー、みんなの銀行のフルクラウド型銀行システムを外販開始

オススメの記事