【記者のひとこと】次世代の当たり前に

コラム

2022/09/14 10:00

 ソフトバンクは現在、雇用形態の一つとして「ショートタイムワーク」を導入しています。同社のCSR活動の一環として2016年に導入された制度ですが、多様な働き方の実現を目指し、今年2月末までに50人以上を雇用しています。

 ショートタイムワークで雇用対象となるのは、障害や闘病、子育て、介護などの事情で長時間の勤務が難しい人で、週20時間未満という短時間から就業が可能になります。

 営業や人事・総務、システム開発など幅広い部署の業務を担っており、例えば、システム開発の部署では、開発スピードの向上につながったそうです。

 CSR本部多様性推進課の横溝知美氏は、多様性を尊重した働き方が当たり前になった世の中を目指し、今後も取り組みの継続・推進を行う意欲を示しました。(大向琴音)

【記事はこちら】
ソフトバンク 「ショートタイムワーク」で開発スピードを向上 多様な働き方を実現

オススメの記事