【記者のひとこと】ウェブ会議を快適に

コラム

2022/09/07 10:00

 NTTとNTTコムウェアは8月30日、共同実験の結果、体感品質・データ通信料最適化技術(Mintent)を組み込んだウェブ会議サービスでは、映像や音声といった体感品質を保ちながらデータ通信量を最大で63%低減できることが明らかになったと発表しました。

 複数人の映像や音声を同時に共有できるウェブ会議サービスは、どうしても通信量が多くなってしまいます。コロナ禍にあった学生時代の折、ほぼ毎日のようにオンラインで授業を受けていました。そのため、それまでと比べるとかなり通信量が増加し、通信制限されてしまうことがしばしばありました。

 NTTコムウェアは、共同実験の結果を受け、資料共有型のウェブ会議サービス「letaria(レタリア)」にMintentを組み込み、8月3日に初めての商用サービスとして提供を開始しました。NTTは、別の要件への対応について検討を進める方針で、Mintentの活用の幅は広がっていくかもしれません。(大向琴音)

【記事はこちら】
NTTとNTTコムウェア、Mintentを活用した途切れにくいウェブ会議を実現

オススメの記事