【記者のひとこと】オフィスはコラボの場所

コラム

2022/08/01 10:00

 いまや「会議」といえば、オフラインとオンラインの両方の参加者がいるのがノーマルです。自分の都合でどちらか選択できるハイブリッド会議を当初はありがたがっていましたが、慣れてくると小さなことが気になってくるものです。例えば、オンラインだと場の温度感がつかみにくい、逆にオフラインだと会議室の準備が面倒など。コロナ禍突入直後の急場しのぎなら我慢できたことも日常化すると「なんとかならんかな」と不満が募ってきます。

 日本HPはそんなハイブリッド環境向けの会議室向けソリューション「HP Presence Meeting Room Solution」を7月15日に発表しました。ユーザーの痒いところに手が届く機能を多数搭載しており、同社はそれらを「コラボレーション機能の強化」とまとめています。

 パーソナルシステムズ事業統括の九嶋俊一・専務執行役員は「いま一番働きやすい環境は“自宅”。オフィスはコラボレーションの場所」と働く場所の役割を再定義。合わせて発表したビジネスコンバーチブルPCでもコラボレーション機能の強化を図っています。(大蔵大輔)

【記事はこちら】
日本HP コラボ機能を強化したPC新製品 ハイブリッドワークを支援

オススメの記事