【記者のひとこと】広がるDevOps

コラム

2022/06/29 10:00

 「DevOps」という言葉が大分浸透してきたように感じています。一応説明しますと、ITサービスの事業展開において、開発者と運用者が協力してサービスを提供する手法を指します。

 市場環境やユーザーニーズが目まぐるしく変化する中で、より早いスピードで開発するだけでなく、開発したものを即座にユーザーの元に届け、さらにフィードバックを開発の現場に返し、再び開発に生かすというサイクルをより高速化することが求められているのでしょう。

 概念自体は10年ほど前にはすでに存在し、それほど新しいものではありませんが、DevOpsの実践がビジネスの成長に欠かせないという意識が広まってきているのではないでしょうか。

 そんなトレンドを追い風に、DevOpsの支援プラットフォームを提供するジェイフロッグは、日本市場での浸透を本格化させています。日本法人はパートナーを通じた販売拡大に注力する姿勢を見せています。エコシステムの拡大に向け、販売代理店、リセラー、技術パートナーを問わず、開拓を強化する方針も掲げています。

 日本では比較的後発といえるジェイフロッグは市場で存在感を発揮できるでしょうか。日本におけるDevOpsの広まりとともに、今後の動向にも目を配りたいです。(藤岡 堯)

【記事はこちら】
JFrog Japan 日本市場開拓へ再販売を推進 パートナーによるユーザー教育、技術支援に期待

オススメの記事