【記者のひとこと】クリーンさを証明するアーカイブ

コラム

2022/06/28 10:00

 データ保護ソリューション大手のベリタステクノロジーズは、バックアップ/リカバリーのための製品に加えて、データのアーカイブに特化した製品も用意し、包括的なデータ管理を仕組みを提供しようとしています。

 企業のデータを安全に保持するという点ではバックアップもアーカイブも共通ですが、バックアップがサイバー攻撃や災害によるデータ消失に備えるものであるのに対し、アーカイブは監査や事後調査で利用する証跡として、企業活動上のさまざまなデータを残しておくものです。アーカイブソリューションを導入する企業は、会計監査制度への対応が主な目的でしたが、それに加えてハラスメント行為など、社内で起こるよりも広範な不正行為への対応のため需要が拡大しているということです。

 「うちの社内に限ってそんなことは起こっていない」と考える経営者も少なくないと思われますが、万が一何らかの疑いの目が向けられたとき、クリーンな企業であることを客観的に証明するためにも、アーカイブの重要性は高まっていくものと考えられます。
(日高 彰)

【記事はこちら】
【Key Person】ベリタステクノロジーズ 代表執行役員社長 四條満 市場のリーダーとして適切なデータ保護のあり方を追求する

オススメの記事