• ホーム
  • トレンド
  • 【記者のひとこと】タレマネ活用で“なりたい企業像”に迫る

【記者のひとこと】タレマネ活用で“なりたい企業像”に迫る

コラム

2022/06/23 10:00

 企業は株主、経営者、従業員、顧客などのステークホルダーによって形づくられますので、大きく変革しようとすれば、株主や経営者を変える、あるいは従業員の入れ替え、顧客ターゲットを見直すことが求められます。

 とはいえ、一足飛びで大胆な変革をするのは現実では困難が伴います。そこで、従業員のスキルを転換して、なりたい企業像に迫る手法がタレントマネージメントの仕組みです。変革に必要な従業員のスキルとは何なのかを明確にし、現状のスキル分布を可視化。足らないスキルを計画的に伸ばしたり、補完したりします。

 コニカミノルタジャパンは、ITソリューション・サービスの事業を伸ばすに立って、Works Human Intelligence(WHI)のタレントマネージメントを活用することにしました。(安藤章司)

【記事はこちら】
コニカミノルタジャパンとワークスHI 従業員スキルを計画的に転換 タレントマネージメントで事業変革を推進へ

オススメの記事